新築マンションのアブローチブリッジとエントランスの床滑り止め

神戸市灘区宮山町の新築マンションのアプローチブリッジとエントランス床にスリップアウト(ME工法)で滑り止め加工を3月20日に行いました。

この工法の最大の特徴は元の状態と全く見た目が変わらないのに、床材が水に濡れた時に滑り止め効果を発揮するというところです。

最近では店舗が新築時に、滑り止め加工を行う事は珍しくなくなってきましたが、マンションでは珍しい事です。

このマンションは床材に対しての意匠のこだわりがあり、見た目の変わらないスリップアウト(ME工法)を採用していただきました。

これで、このマンションにこれから入居されて、お住まいになられる方はもちろん、配達・配送の方々も、安心して歩行して頂けます。

よかった、よかった(笑

スリップアウト https://www.t-ground.co.jp/?page_id=42

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性

弊社ホームページ https://www.t-ground.co.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA