マンホール蓋の滑り止め経過報告。(スリップレイトシグマ01、ロジングリップ)

今日は2009年9月にJR和泉府中駅近辺で設置、加工したマンホール蓋の滑り止めの経過状況を確認してきました。
※参考ページ【和泉大連合だんじり祭マンホール防滑加工。その2

設置個所は2ヶ所で通称パルコ前とUFJ前です。

パルコ前

矢印の所です。

ここはバスが全景写真の奥から右方向に曲がる時に通過する所ですが、概ね50%はスリップレイトΣ01が残っています。
(50%残っていれば滑り止めとしての効果に問題は有りません。)

それと全景写真の左側には写ってはいませんが、ここは奥から左方向に曲がる車両が通るところですが、70%程度残っています。

UFJ前






ここは左右から奥方向に曲がる車両が通るところですが、左折のみの①で80%程度、左右折で通る②で60%程度残っています。
③はロジングリップですが、通過車両が少ないので95%程度残っています。

全景写真の右側には写ってはいませんが、ここは右から奥方向に曲がる車両が通るところですが、90%程度残っています。

それと全景写真の③の所から車2台分先にある蓋ですが、銀行前の駐停車時の車両の据え切りにより40%程度が剥がれていました。

丸4年が経過して全体のこの結果は、非常に満足のいくものだと自負しております。

これで、今年もだんじり祭りや自転車・バイクの安全安心に役立てます。

マンホールの滑り止めにはこれだ!
スリップレイトΣ01 https://www.t-ground.co.jp/?page_id=32
ロジングリップ https://www.t-ground.co.jp/?page_id=40

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性

弊社ホームページ https://www.t-ground.co.jp/

弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。

お客様等からの苦情でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622
FAX 0725-40-3623
mail info@t-ground.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA