マンホール蓋防滑加工の骨材混合樹脂埋め込み作業。

昨日のブログにアップした作業の続きです。

まず、掃除しても取れない脂汚れをエポキシシンナーで脱脂清掃します。

次の行程は専用プライマーを凹み部分のみ塗布するという細かい作業です。

そして、スリップレイトシグマ03と骨材を混合した物を凹み部分に、鏝を使って埋め込んで当日の作業は終了です。
 

今回のマンホールの滑り止めにはこれだ!
スリップレイトΣ03 https://www.t-ground.co.jp/?page_id=36
PDF資料 https://www.t-ground.co.jp/2009/img/antiskid/110614slip03-4.pdf

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性

弊社ホームページ https://www.t-ground.co.jp/

弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。

お客様等からの苦情でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622
FAX 0725-40-3623
mail info@t-ground.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA