橋梁伸縮装置(ジョイント)の滑り止め加工

2019年3月28日~4月4日にかけて、大阪府和泉市観音寺町と芦部町を結び、2級河川槇尾川を跨ぐ「郷荘橋」の鋼製伸縮装置(ジョイント)防滑加工を行いました。

この橋梁は平成15年竣工ですが、10年経過した平成25年頃には、ジョイント部に施されていた防滑加工が殆んど剥がれた状態でした。
この橋は抜け道として利用される通行車両が多いのですが、橋の両端道路の見通しが悪く、雨の日にジョイント上で急ブレーキを掛けたバイクや自転車の転倒が相次いでいたので、今回施工に至りました。

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

今回の各施工は短時間で規制を解除できるロジングリップを使用して加工しましたが、ジョイントの櫛歯部の下には弾性シール材があるので、防熱材として敢えて櫛歯間の土は除去せず、下地加熱も120℃までに抑えて施工しました。

これでここを通行される方は、雨の日でも安心して通行して頂けます。
よかった、よかった(笑

ロジングリップ https://www.t-ground.co.jp/?page_id=40

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ https://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。
滑る床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622  FAX 0725-40-3623  mail info@t-ground.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA