水族館海水運搬船のガラスに付着した頑固なスケールと鱗状痕の研磨除去再生

某水族館の海水運搬船操舵室ガラス窓に付着した頑固なスケール・鱗状痕の研磨除去再生を2019年7月7日に施工しました。

テスト施工
施工前
施工後

海水成分の主にナトリウムやマグネシウムの影響により頑固なスケールと鱗状痕が発生していました。
管理者の方々が市販の薬剤やダイヤモンドパッドなどを使用して除去を試みましたが、ガラスを傷付けるだけで頑固なスケールと鱗状痕を除去できずにお困りでした。
このテスト施工の結果、操舵室ガラス窓全面のスケールと鱗状痕研磨除去再生施工を決めて頂きました。



今回の施工は海水成分に合わせた溶剤を使用し、軟化溶融させた後に研磨により除去しました。

船長より「これで安全な航行できる。」とお喜びのお言葉を頂きました。

このようにガラスの問題はまだまた多数あります。
お困りの方はあきらめる前に、是非ご相談ください。

ガラス・鏡・アクリル・ポリカの再生(ガラスフィルム、ガラス・鏡・アクリル・ポリカーボネートの磨き、ガラス防汚・省エネ・滑り止めコーティングのことなら、安全安心生活支援隊のテック・グランドアップにご相談ください。) https://glass-suberidome.t-ground.co.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA